残債車の中古車買取について

MENU

残債車の買取について

長引く景気の低迷から経済的な事情により、自動車ローンを組んで購入をした車のローンが支払えなくなり、車を手放してしまうケースも有ります。このように、自動車ローンが残っている車は、原則、所有権留保の為に、自動車ローン会社の許可を得ないで売却をする事は出来ません。

 

本来は、残っている自動車ローンを完済した上で、所有権を自分の名義に変更を行い、所有権を解除してから売却しなければなりません。

 

しかし現実には、中古車買取業者において査定額から自動車ローンの残債を支払う事で、売却が行われています。これは査定を行った結果、査定額が自動車ローンの残債を上回れば、査定額から残債額分を一括で返済する事で、残債を完済する事が出来ます。

 

もしも、査定額が残債額を下回った場合は、不足分を追徴する事で、買取を受け入れてくれる業者もあります。但し、自動車ローンの残る車の売却において、車を売却してもローンだけが残る状態だけは、絶対に避けなければなりません。何故ならば、自動車ローンの金利は、決して低くはないからです。

 

その為に、自動車ローンの残る車を売却する時は、不足分を追徴してでも、必ず残債分を完済する事が重要となります。

 

一般に、車を所有する維持費は高くかかってしまいます。税金だけでなく、ガソリン代金に車検に定期点検費用、その他にもタイヤやバッテリーなどの消耗品の交換費用なども必要となって来ます。
近年では、家計の見直しの中で、都会を中心に車の所有件数が減少、そしてカーシェアリングのような新たな所有スタイルが広まってきています。自動車ローンを2重に組んでまで、車を所有する事などないように、賢明な車の所有が必要となります。