法人名義の中古車買取について

MENU

法人名義の車買取について

近年、法人が営業車として使用をしていたライトバンなどの商用車、又はトラックやバスなどの大型の商用車を、専属で買取を行う業者が現れています。

 

これまで、商用車といえば、走行距離も高く、個人所有の車よりも外観のキズやヘコミが多いのが特徴であった為に、中古車市場では敬遠されるケースもありました。
しかし、最近では海外への流通網が発達した事で、特に東南アジアなどの新興国での日本製の商用車の需要が高まってきました。

 

こうした新興国では、日本製の商用車やバスにトラックなどの大型商用車は、エンジンの耐久性が高く人気を博しています。
その中でも、日本製のタクシーは人気を呼んで、高値で取引がされています。その為に、東南アジアなどの新興国に観光などで訪れた時、車体に日本の会社の社名や日本語の広告がペイントされたまま走行する、日本製の商用車に出会う事があります。

 

このように海外への輸出による新しい市場が開けた事で、近年では法人が使用をしていた商用車の方が、意外と高値で売買されるようになりました。特に、商用車の方が品数も少ない事から、走行距離が20万qを超えた、年式の古い商用車であっても、一般者より査定が高く評価されたりも致します。

 

また、法人名義の商用車は法人の車を専門で買取を行っている業者に依頼をする方が、高く査定をしてもらえる可能性があります。ちなみに、法人名義の車を売却する時には、個人所有の車を売却する時と比較して、準備する書類に若干の違いがあります。

 

例えば、印鑑証明書について、個人の場合は市区町村で発行となりますが、法人の場合は会社本店を管轄する法務局で発行をしてもらわなければなりません。