修理車の買取について

MENU

修理車の買取について

近年では、エンジンなどの故障や、事故を起こした修理中の車を売却する事も、比較的容易に出来るようになりました。

 

まず修理中の車は、買取り業者まで持ち込む事が出来ない為に、出張査定をお願いする事になります。但し、この時に注意すべき点として、出張査定の前に必ず、保険会社と修理工場に事前連絡を入れておかなければなりません。

 

特に、相手がいる事故を引き起こした上で、車を修理に出しているケースでは、双方の過失割合などを判定する為に、相手側の保険会社が修理中の車を確認に来る可能性があります。
従って、自動車保険を利用して車の修理を行っている時には、気をつけなければなりません。

 

また車の買取後に、車買取業者の方で修理が必要となる可能性があります。もちろん、車を売却時に専門の査定士によって、きちんと査定が行われた上で売買が成立しているのであれば、基本的に売主の責任は発生致しません。

 

しかし車買取業者の中には、買取後の修理費用を売主に請求してくるなど、悪質なケースも報告されています。まず、自動車売買契約書の中には、買取後の再査定を実施する旨が記載されているケースが往々にしてあります。その場合に、再査定を行った結果、査定額が引き下げられる可能性もあります。
当然、査定額が気に入らなければ、取引自体が不成立となるだけです。そして、査定時に虚偽の申告をしたり、メーターが改ざんされたりするなどの、悪質な不正が実証されない限りは、車買取業者が買取後の修理費用を請求する事はおかしくなります。