インターネット中古車査定でのトラブル

MENU

インターネット査定でのトラブル

最近では、インターネットの一括無料査定のサイトを利用する人が増えています。こうしたインターネットは、便利な反面で個人情報の流出など、色々なリスクと背中合わせにあるといえます。
一括無料査定を利用する事は、馴染みのない業者も含む、複数の車買取業者と連絡をとる事になります。こうした中には、悪質な業者も含まれている可能性が充分にあります。

 

電話での再三に渡るしつこい勧誘であったり、自宅への突然の来訪を受けかねません。また、大抵の場合は、売却先が既に決定をした旨を伝えれば、2度と連絡は掛けて来られませんが、中には別の車の販売など強引な営業を引き続きかけてくる業者も存在しています。

 

また、インターネットでの査定価格で、ありえない高値を提示して売り側の気を引き付けておきながら、実際にはその何分の1でしか買取らない悪質な業者もいます。こうしたケースで、売買を断ると出張査定費用を請求されたり、不明瞭な手間賃を請求されたりする事もあります。

 

従って、インターネットを利用した一括査定を行う時には、車買取業者の選定において、充分に注意をしなければなりません。

 

その他で、トラブルが多いのが、売却後に業者の手落ちなどで、名義変更が行われていなかったケースです。その為に、売却した次の年に納税通知書が郵送されて来たり、または売却した車の次のユーザーが引き起こした、交通違反の通知が届いたりも致します。こうした、売主側の不安を払拭する為に、名義変更後の車検証など、無事に名義変更が終了した事を証明する書類を、送付するサービスを行っている車買取業者もあります。