中古車査定評価基準について

MENU

査定評価基準

これまで使用して来た車を売却するには、車買取業者から査定を受ける必要があります。一般には、査定時にチェックを受けるポイントは、年式や走行距離にボディカラーなど、各業者間でもほとんど差異はありません。

 

しかし、査定ポイントには差異が無くても、その評価基準が各業者間で異なるが為に、買取価額に影響を及ぼしてくる事になります。車の売却する側としても、公平な査定が受けられなければ、車買取業者の選択が難しくなり、提示された査定価額だけでの判断に陥りがちとなります。また、中古車市場において、車買取業者内での査定基準に差がある事は、消費者にとって中古車への安心や信頼面に不安が生じてしまいます。

 

そこで、近年では、検査専門の会社を利用する、車買取業者が増えて来ました。こうした検査専門の会社では、内外装の修理履歴のチェックに、車下部の擦り傷やヘコミにサビなどのチェック、又はエンジン漏れなどの機関部分のチェック、内装の汚れや臭いなどのチェックなどに主点を置いて検査が行われています。特に、外装の細かいキズや板金に塗装の後などを調べる事で、修履歴の発見に努めています。

 

こうした第三者機関の評価を導入している車買取業者は、検査専門会社のホームページサイトなどから検索する事が可能です。そして評価が行われた車両については、評価結果を10段階で分かりやすく表示されていたり致します。中古車の流通市場が拡大する中で、専門家の評価基準が統一されてくる事は、業界の信頼性向上につながり、消費者にとっても安心が得られる事になります。