自分で行う名義変更

MENU

自分で行う名義変更

車をディーラーや中古車買取店へ売却する時は、名義変更手続きは各車買取業者に代行をしてもらえます。又、名義変更手続きに伴う諸費用を含む代行手数料は、大抵のケースでは査定額の中に含まれています。但し、便利な反面、代行手数料としての費用が不透明化されてしまい、各店舗で費用も異なってきますので注意は必要となります。
ちなみに、この代行手数料は、約2万円〜3万円が一般的といわれています。

 

そこで名義変更手続きを自分自身で行えば、約2万円から3万円の代行手数料が、法定費用の約3000円程度で収まる事になります。但し、名義変更手続きは、複数の書類の準備が必要な為に、名義変更手続きを何度か経験をしていないと、書類の不備で陸運局に何度も足を運ぶ事を覚悟しなくては行けません。

 

これまで、友人や知人への売却のケースでは、売買の双方で行っていました。しかし、近年では個人の売買においても、専門業者に手続きだけを代行してもらうケースも増えてきました。書類不備の指摘を受ける事で、何度も陸運局に足を運ぶ時間と労費に対する、コストメリットを天秤に掛けたうえで、手続き代行業者に依頼する人も少なくないという事になります。

 

なお、個人売買のケースでは、名義変更手続きが行われていない事によるトラブルが、多く発生しています。もしも、売却後に名義変更手続きが行われていない車が、事故や違反を引き起こすと、車検証上の車の所有者である、元の持ち主に賠償責任が課せられる事になります。

 

特に、名義変更手続きを済ませていなかったばかりに、既に売却を終えて所有をしていない車の自動車税が、4月になってから請求を受ける事もあります。