名義変更の流れ

MENU

名義変更手続きの流れ

名義変更手続きは、車を譲渡してから15日以内と期日が決められています。この名義変更手続きそのものの手順は、それほど難しくはありませんが、準備する書類が多いのが特徴といえます。まずは、車庫証明の取得が必要となります。

 

この車庫証明は、地域を管轄する警察署に申請を行いますが、申請後に現場確認が行われる為に、証明書が下りるまで時間を要します。その次に、車検証の所有者欄に記載されている人と、新しく所有する人、両名の印鑑証明が必要となります。

 

万が一、車検証上の所有者欄と使用者欄の名前が異なる場合は注意が必要です。特に、購入時にクレジットローンを利用した時は、所有者欄はディーラーなど自動車販売店の名前になっています。その場合、ローンの残債が残っていれば、清算を終えないと譲渡が出来なくなります。但し、銀行等に借入れがあり、自動車販売店には残債が残っていないケースでは問題ありません。

 

また、自動車販売店へ残債の清算を終えた場合には、その自動車販売店から所有権解除の書類を入手する必要があります。次に、元の車の所有者から譲渡証明書と委任状、そして自分の印鑑証明書を準備いたします。

 

なお、委任状は新所有者が申請に行く場合は、旧所有者の委任状が必要となりますが、名義変更手続き代行業者に委託する場合は、新所有者と旧所有者両名の委任状が必要となります。更に、車検証と自賠責保険証、更に納税証明書の準備が出来れば、残りは陸運局での作業となります。陸運局では、移転登録申請書への記入と、自動車税・自動車取得税申告書の入手を行います。そして窓口に一連の書類提出を終えれば、後は車検証が出来上がるのを待つだけとなります。