名義変更に必要な費用

MENU

名義変更に必要な費用

車買取において、名義変更の手続きはとても重要な作業となります。但し、そこには煩雑な書類の数々と、諸費用が必要となってきます。従って、車の売却を考えているのであれば、事前にチェックをしておく必要があります。

 

まず、名義変更手続きの為の移転登録申請書は、陸運局で手に入れます。同時に、自動車登録手数料として約500円を支払い、納付書に印紙を添付致します。その他にも、管轄陸運支局が変わるケースでは、ナンバープレート代金として約1500円、車庫証明費用として約2600円が必要となります。

 

ちなみに、近年利用者が多い、希望ナンバープレートを申し込む人は、約4500円が必要となります。但し、こうした名義変更手続きに掛かる費用は、各都道府県によって異なりますので注意をしなくてはいけません。更に、取得価額が50万円以上の車を登録する時には自動車取得税が、車検切れの車を購入する時には自動車重量税がそれぞれ必要となります。尚、名義変更手続きに掛かる費用について、ディーラーや中古車買取店に車を売却するケースでは、大抵のケース査定価額に内額として含まれます。よって、別途費用が請求される事はありませんが、その分、名義変更手続きにかかる費用が、不透明化されている事にもなります。

 

実際のどれくらいの費用が査定価額に含まれているのかについては、車買取業者に説明を受けるようにして、損を受けないように気をつけなければなりません。ちなみに、名義変更や登録抹消の為に、運輸支局まで出向く代行手数料は、ディーラーや中古車買取店の各店舗によって異なる事から、同様にチェックする事が望まれます。