名義変更に必要な書類

MENU

名義変更に必要な書類

中古車を売買する時に行う名義変更手続きには、多くの書類を準備しなければなりません。従って、売買をスムーズに運ぶ為にも、必要な書類は事前に準備を整えおく事が望まれます。

 

例えば、個人が中古車を売買する時には、印鑑証明書と実印に車庫証明書、更には譲渡証明書などが必要となります。印鑑証明書は発効日より3ヶ月以内と定められていますので、交付を申請するタイミングに気をつけなければなりません。車庫証明書も同様に、こちらは発効日から1ヶ月以内と定められています。

 

こうした使用期限の定められている書類については、名義変更の日取りが決まってから取得する方が良いといえます。その他にも、車検証に自賠責保険納入証明書、更に自動車税納税証明書、自動車税・自動車取得税申告書などの準備が必要となります。

 

もしも車検証を紛失している場合は、陸運局で再交付が必要となります。自賠責保険納入証明書は車検時に同時に加入するものですので、車検証と同様に必ず必要となります。こちらも、万が一紛失してしまっている場合は、加入をしていた民間保険会社から再交付を受けなければなりません。

 

また、自動車納税証明書は、毎年4月1日に所有していた人に対して課税される税金です。こちらも、一般には5月中旬以降に納税証明書が送付されて来ますが、万が一紛失してしまっている場合は、各都道府県の運輸支局内にあります税事務所から、再交付をしてもらわなければなりません。こうした書類は、車の売買時には必ず必要となります。従って、普段から大切に保管をしていく癖をつけておく事で、車を売却時に再交付などの面倒な手続きが必要なくなるといえます。