自動車売買における代行手数料

MENU

自動車売買における手数料

自動車を売買する時に必要な諸費用には、税金などの法定費用以外にも、たくさんの手数料が含まれています。

 

例えば、下取り代行費用とは、下取りに出された車の名義を、販売店等の名義に変更する時に必要な手数料をいいます。この下取り代行費用は各販売店で自由に取り決められており、一般には1万円〜1万5千円程度といわれています。なお、下取り代行費用と同様に、下取り査定料といった項目を設けている販売店もあります。これも各販売店で自由に手数料は取り決められており、概ね1万円以内となります。

 

その他にも、陸運局での登録代行費用として検査登録手続き代行費用や、車庫証明費用もあります。車庫証明は自分自身で手続きを行えば、印紙代として約2600円程度で済みますが、販売店に委託をすると、代行費用として約1万5千円〜2万円も請求されてしまいます。更には、購入した車を自宅まで輸送してもらった時に必要となる納車費用や、納車時の整備費用も請求される事があります。

 

納車時の整備費用も新車であったり、点検整備付きの中古車であれば、本来は請求されない項目となりますので、不正に請求されないように気をつけておく必要があります。この他にも、ナンバープレートの変更手続き代行費用や希望ナンバー取得のための代行手数料などが請求されるケースもあります。自動車売買における手数料は、料金の大部分が不透明な代行費用が占めている事から、自分自身で出来る事は自分で行ったり、プライスダウンを求めたりする事も大切になって来ます。