中古車の売買契約書と代金の支払

MENU

売買契約書と代金の支払

車の売買において、車買取業者が提示した査定価格に納得が出来たのなら、次には自動車売買契約書の締結と、名義変更に必要な書類の準備になります。そして、自動車売買契約書の締結後数日以内に、締結した買取金額が指定した銀行口座に振り込まれる流れとなります。

 

念の為に、契約締結時点で、車買取業者にお金の入金日を聞いておけば安心といえます。但し、車の売買においては取引金額も大きい事から、買取金額が振り込まれないなどの、お金に纏わるトラブルが耐えないのも現実問題としてあります。こうしたトラブルの時に大切となってくるのが、自動車売買契約書となります。

 

従って、売買締結時には自動車売買契約書を、必ず熟読する必要があります。例えば、自動車売買契約書に記載されている買取価格は、売主からの虚偽の申告が無く、査定後から車引取りまでの期間で、車の状態に大きな変化が無い事が条件となっています。

 

又、自動車売買契約書には、買取後の再査定について記載されているケースもあります。車買取業者も、売買に繋がるか解らない段階では、簡易な査定で買取価額の算出を行っておき、買取後に本査定を行う車買取業者が少なくありません。

 

万が一、車を引渡し後の本査定で問題が発見された時は、買取金額が減額されたり、又は契約の破棄や手数料など損害賠償の支払を求められたりする事もあります。このように、自動車売買契約書の中でも、買取金額が減額される条件などの記載項目は要チェックといえます。