中古車オークションの歴史

MENU

中古車オークションの歴史

中古車のオークションを国内で初めて開催されたのは、1967年のトヨタオークションといわれています。この頃は、戦後復興や所得倍増計画の中で、国民が少しずつ裕福になっていく過程で、自動車の購入台数も右肩上がりで増加を始めた頃といえます。

中古車オークションの歴史

 

そうした新車販売の中で必然と生まれてくる中古車に対して、各自動車ディーラーは下取りを止む得なく行っていたといえます。こうして生まれてきた中古車を、店舗の片隅で販売を行っていたディーラーも、新車中心の営業の中で中古車の販売を伸ばす事が出来ずに、中古車を扱うブローカーへの転売数が自然と伸びて行きました。

 

このようにして、ディーラーで下取った車が、ブローカーを通じて、中古車専門業者へと大量に流通して行く流れが出来上がって来ました。その後、1970年代になり、経営基盤がまだまだ脆弱な中古車専門業者では、同業者で組合を作り始め、中古車の組合が主催して、オークションの開催を取り入れ始めました。ブローカーから流れてくる大量の中古車を、オークションのルール中で公平に仕入れがなされ、又は組合の同業者間で在庫する中古車交換などを行う事で、中古車市場の活性化へと繋がって行きました。

 

また、この頃には、自動車メーカーも自社車両の中古車を扱ったオークションを開催したり、又は参加料などや成約料を徴収する大規模な中古車オークションなども、全国の広大な空き地を利用して開催されるようになりました。その後、1990年代には中古車専門買取業者の増加と供に、オークションとインターネットの融合が進み、中古車のオークション市場は飛躍的な隆盛を遂げる事になりました。近年、中古車の登録台数は伸び悩む中で、オークション市場への出品台数は拡大を続けているといわれています。