中古車売却と保険解約について

MENU

売却と保険解約

車を所有する為には、一般に2つの保険に加入をしています。1つは自賠責保険と呼ばれるもので、国から加入を強制されています。

 

この自賠責保険は、車を新しく購入したり、車検を受けるタイミングで加入を致します。当然、所有している車を売却する時は、自賠責保険も解約する事になります。しかし、所有していた車にかかっている自賠責保険は、所有者が変わったとしても、そのまま効力を持続する事が出来ます。

 

従って、本来ならば、支払った保険料の残期間分については、還付されるべきものですが、通常は車買取業者が残期間の保険料相当額を計算して、売却した車の買取価額に組み込んでしまいます。

 

但し、所有していた車を自分自身で廃車するのであれば、加入していた保険会社に連絡をする事で、残期間分の保険料について還付手続きを取ってもらえます。そして2つ目の保険とは、民間の保険会社から加入をする、任意の自動車保険になります。
こちらは、車を売却した後に、暫くの間は次の車を所有する予定が無いのであれば、加入していた任意保険を解約する手続きを、保険会社に申し出ます。それにより、残期間の保険料を月割りで計算して算出を行い、解約返戻金として返して貰えます。

 

もしも、次に別の車に乗り換えるのであれば、加入している任意保険は継続したまま、車両入替え処理を保険会社に申し出なくてはいけません。ちなみに民間の任意保険は、所有する車両別により、保険料率が定められています。従って、車を乗り換えた事により、保険料が高くなれば追徴金を支払わなくてはいけませんが、逆に、保険料が安くなれば差額を返戻金として返して貰えます。