中古車売却と返戻金について

MENU

売却と返戻金

所有していた車を、中古車買取業者などに売却すると戻ってくるお金、いわゆる還付される税金等があります。

 

しかし、こうした返戻金は、買取価額の中に盛り込まれていたりする為に、不透明なケースも多々あります。従って、車の売却時に損をしない為にも、返戻金について買取業者に説明を求めるなどの気持ちが大切となります。

 

例えば、毎年4月1日時点での車の所有者に課せられる自動車税は、残期間について月割りで還付されます。しかし、実際には中古車買取業者が、還付相当額を算出して、買取価額に含んで提示を致します。

 

ちなみに軽自動車では、そもそも自動車税の還付はありませんので、間違えてはいけません。この自動車税と同じくし、自賠責保険料も還付金が発生致します。自賠責保険料も残期間については、還付相当額は買取価額に含まれるのが一般的となっています。自動車重量税は、車検時に車両の重量に応じて課せられる税金ですが、車検が残っている車を売却する限りでは、還付金の発生はありません。

 

しかし、廃車を行うケースでは、還付金について注意をしなくてはいけません。その他に、リサイクル料金の還付があります。自動車リサイクル料金とは、自動車廃車時に必要なコストを、予め新規登録時に前払いされるものです。このリサイクル料金の還付金も、買取価額に加味されているケースが一般的です。このように、車を売却時に発生する還付金について、中古車買取業者などへの売却時は、業者側が還付相当額の計算など手続きをしてもらえます。しかし、個人間の売買については後々のトラブルの要因ともなりますので、事前に入念な双方での打合わせが必要となります。