中古車売却時のリサイクル料について

MENU

売却時のリサイクル料金

2005年の1月1日に施行されました自動車リサイクル法は、大量消費時代を迎えてゴミの処分場が減少している問題から、資源の効率化を目指したリサイクルを目的として制定されたものです。
特に、車を廃車する時には、汚染物質が大量に発生して、環境破壊につながっていました。しかし、自動車リサイクル方が制定された事で、車を新車購入時もしくは車検を受ける時などに、定められたリサイクル料金を支払う事を義務化されました。

 

売却時,リサイクル料,中古車

従って、所有していた車を売却する時は、支払ったリサイクル料金を、次の所有者から受けとらなければならなくなります。しかし、現実には次の所有者からリサイクル料金を受け取る事は現実的ではありません。

 

そこで、通常は車買取業者が売却時の査定額に、返還すべきリサイクル料金を組み込む事で、間接的に受け取る方法が取られます。但し、間接的であれ、購入時に支払ったリサイクル料金の返還を受ける為には、売却時にリサイクル料金を納めた事を証明する、「リサイクルA券」を提出しなければなりません。

 

万が一、「リサイクルA券」を紛失してしまった時には、財団法人の「自動車リサイクル促進センター」が運営するサイトから、支払を証明する書面を印刷する必要があります。ちなみに、提出されたリサイクルA券は、次の車の所有者に所有権が移る事になります。また、新車を購入時などのリサイクル料金を調べたい時は、自動車リサイクルシステムのホームページから確認する事が出来ます。