海外赴任時の中古車売却

MENU

海外赴任時の車売却について

国際社会を迎えて、大手企業では全社員の海外勤務経験をノルマ化するなどの動きが、活発化してきています。こうした数年に及ぶ海外勤務では、赴任前にある程度の身辺整理が求められます。
但し、海外勤務であっても、人事異動が発令されてから赴任までそれほど時間が与えられるものではありません。

 

このような状況の中で、使用する自分の愛車も売却を行わなければなりません。特に、時間的な余裕が無いが為に、安く売却をしてしまうリスクがあります。また、出国後に名義変更の遣り取りや、代金の支払を受けたりするケースも起こりえます。もしも、渡航をしてしまったばかりに、印鑑証明書が準備出来ない場合は、赴任先の日本国大使館や日本国総領事館に赴いて、印鑑証明書の代行となるサイン証明書の申請をお願いしなくてはいけなくなります。

 

その他にも、ご主人だけが先に海外に赴任を行い、家族が遅れてくるケースでは、車の売却タイミングも非常に難しくなってしまいます。また、海外赴任に伴う車の売却では、準備する書類も増えてくる事が多く、様々な不安を抱える事になってしまいます。

 

こうした状況の中で、近年では海外赴任時の車買取を専門に扱う業者も現れて、独特のサービスを展開しています。例えば、売却する車を、出国当日の空港で引き取るサービスを展開していたり致します。

 

出国当日のギリギリまで車を利用出来る事で、渡航の準備も安心して進められる、嬉しいサービスといえます。また、売却価格を航空会社のマイレージポイントに、付帯出来るサービスを展開している会社もあります。車の売却価格は高額となりますので、マイレージポイントの付帯も利用価値は高くなります。